商標「つつみのおひなっこや」事件 最高裁判例

平成19(行ヒ)223 審決取消請求事件

【PR】商標登録のリスクゼロ

土人形を指定商品とする商標「つつみのおひなっこや」と商標「つゝみ」,「堤」について,「つつみ」の文字部分だけを比較してその類否を判断することは許されず,構成部分全体を対比すると,両商標が類似しないとされた事例。


(1) 法4条1項11号に係る商標の類否は,同一又は類似の商品又は役務に使 用された商標が,その外観,観念,称呼等によって取引者,需要者に与える印象, 記憶,連想等を総合して,その商品又は役務に係る取引の実情を踏まえつつ全体的 に考察すべきものであり(最高裁昭和39年(行ツ)第110号同43年2月27 日第三小法廷判決・民集22巻2号399頁参照),複数の構成部分を組み合わせ た結合商標と解されるものについて,商標の構成部分の一部を抽出し,この部分だ けを他人の商標と比較して商標そのものの類否を判断することは,その部分が取引 者,需要者に対し商品又は役務の出所識別標識として強く支配的な印象を与えるも のと認められる場合や,それ以外の部分から出所識別標識としての称呼,観念が生 じないと認められる場合などを除き,許されないというべきである(最高裁昭和3 7年(オ)第953号同38年12月5日第一小法廷判決・民集17巻12号16 21頁,最高裁平成3年(行ツ)第103号同5年9月10日第二小法廷判決・民 集47巻7号5009頁参照)。

(2) これを本件についてみるに,本件商標の構成中には,称呼については引用 各商標と同じである「つつみ」という文字部分が含まれているが,本件商標は, 「つつみのおひなっこや」の文字を標準文字で横書きして成るものであり,各文字 の大きさ及び書体は同一であって,その全体が等間隔に1行でまとまりよく表され ているものであるから,「つつみ」の文字部分だけが独立して見る者の注意をひく ように構成されているということはできない。

また,前記事実関係によれば,引用各商標は平成3年に商標登録されたものであるが, 上告人の祖父は遅くとも昭和56年には堤人形を製造するようになったというのであるから, 本件指定商品の販売業者等の取引者には本件審決当時,堤人形は仙台市堤町で製造される堤焼の人形と してよく知られており,本件商標の構成中の「つつみ」の文字部分から地名,人名 としての「堤」ないし堤人形の「堤」の観念が生じるとしても,本件審決当時,そ れを超えて,上記「つつみ」の文字部分が,本件指定商品の取引者や需要者に対し 引用各商標の商標権者である被上告人が本件指定商品の出所である旨を示す識別標 識として強く支配的な印象を与えるものであったということはできず,他にこのよ うにいえるだけの原審認定事実は存しない。

さらに,本件商標の構成中の「おひなっこや」の文字部分については, これに接した全国の本件指定商品の取引者,需要 者は,ひな人形ないしそれに関係する物品の製造,販売等を営む者を表す言葉と受 け取るとしても,「ひな人形屋」を表すものとして一般に用いられている言葉では ないから,新たに造られた言葉として理解するのが通常であると考えられる。そう すると,上記部分は,土人形等に密接に関連する一般的,普遍的な文字であるとは いえず,自他商品を識別する機能がないということはできない。

このほか,本件商標について,その構成中の「つつみ」の文字部分を取り出して 観察することを正当化するような事情を見いだすことはできないから,本件商標と 引用各商標の類否を判断するに当たっては,その構成部分全体を対比するのが相当 であり,本件商標の構成中の「つつみ」の文字部分だけを引用各商標と比較して本 件商標と引用各商標の類否を判断することは許されないというべきである。

(3) そして,前記事実関係によれば,本件商標と引用各商標は,本件商標を構 成する10文字中3文字において共通性を見いだし得るにすぎず,その外観,称呼 において異なるものであることは明らかであるから,いずれの商標からも堤人形に 関係するものという観念が生じ得るとしても,全体として類似する商標であるとい うことはできない。

以上によれば,本件商標と引用各商標が類似するとした原審の判断には,商 標の類否に関する法令の解釈適用を誤った違法があり,この違法は原判決の結論に 影響を及ぼすことが明らかである。論旨は理由があり,原判決は破棄を免れない。 そして,被上告人が主張するその余の本件商標登録の無効理由につき更に審理を尽 くさせるため,本件を知的財産高等裁判所に差し戻すこととする。